教育関連情報

日本における教育の重要性と改革の方向

日本は資源に乏しい国ですので、技術立国として世界に活路を見いだす必要があります。
原材料を輸入して、それを加工して付加価値をつけて輸出することで、貿易収支を黒字にすることで高度経済成長を遂げました。
しかし、東南アジア諸国をはじめとする、発展途上国などが経済成長を遂げるにつれ、日本の加工貿易のメリットが低減しました。
このため、特許権など知的財産権により収入を増やす方向に舵を切りつつあります。
このためには、優秀な人材の確保が必要となります。
それゆえ、以前にも増して、教育の重要性が謳われています。
既存の技術の応用にとどまらず、新しい技術の創出や、既存の技術の組み合わせによる、新たな技術革新により、優位性を維持することが必要です。
この状況に対応できる人材を育成することが、日本の将来的な成長の維持につながります。
現在、大学などで、様々な改革が行われ、入試改革として実施されつつあります。
大学が代われば初等中等教育も変革をせざるを得ません。

Copyright(c) 教育 . All Rights Reserved.